忍者ブログ
この度(2008年5月)、1999年12月から2004年5月までのフィールドノートを遡って載せるためにこのブログを作りました。2004年6月から現在までのフィールドノート『「摩周」の野鳥日記』はこちらです。 http://yamasemi.cocolog-nifty.com/blog/
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
摩周
性別:
男性
趣味:
野鳥を見ること・旅
自己紹介:
東京在住の中壮年(?)♂。野鳥を見始めたのは1994年から。
このブログは1999年から2004年5月までのフィールドノートを載せています。それ以降は、『「摩周」の野鳥日記』http://yamasemi.cocolog-nifty.com/blog/に載せています。
ブログ内検索
カウンター
忍者ポイント広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【県  名】  東京都
【場  所】  多摩川・大栗川合流点  (稲城市・多摩市)
【年月日】  2003年12月23日(火)
【時  刻】  10:30-15:30
【天  候】  晴れ
【観察者】  摩周
【環  境】  河川中流
【観察種】 

   1.カイツブリ           15.オオタカ             29.モズ
   2.カワウ               16.ハイタカ             30.ツグミ
   3.ダイサギ             17.オオバン             31.ヤマガラ
   4.コサギ               18.イカルチドリ         32.シジュウカラ
   5.アオサギ             19.イソシギ             33.メジロ
   6.マガモ               20.セグロカモメ         34.ホオジロ
   7.カルガモ             21.キジバト             35.カシラダカ
   8.コガモ               22.カワセミ             36.アオジ
   9.オカヨシガモ         23.コゲラ               37.カワラヒワ
  10.ヒドリガモ           24.キセキレイ           38.スズメ
  11.オナガガモ           25.ハクセキレイ         39.ムクドリ
  12.キンクロハジロ       26.セグロセキレイ       40.ハシボソガラス
  13.カワアイサ           27.タヒバリ             41.ハシブトガラス
  14.トビ                 28.ヒヨドリ

★コース:多摩川右岸を是政橋から多摩市立交通公園まで

【備  考】

◎カワアイサ♀1が今日も確認できた。
◎カモ類は昨年に比べて今日は半分程度。
◎このところずっとオオバンが見られる。今日は6羽。
◎途中の林でシジュウカラ、コゲラ、ヤマガラ、カシラダカ、メジロ、ホオジロ等の混群見られた。
◎オオタカは成鳥1、幼鳥1でかなり長い時間十分見られた。どちらも獲物を何度か襲ったが失敗であった。
◎是政橋と南武線鉄橋の間で大規模な工事をしているためと思われるが、タヒバリ、イカリチドリが少ない。
◎ミコアイサは来ているそうだが私はまだ見ていない。

【雑  記】

◎暖かく過ごしやすい一日であった。                                                 

PR

【県  名】  東京都
【場  所】  多摩川・大栗川合流点  (稲城市・多摩市)
【年月日】  2003年12月13日(土)
【時  刻】  10:20-15:50
【天  候】  晴れ
【観察者】  摩周
【環  境】  河川中流
【観察種】 

   1.カイツブリ           14.コジュケイ           27.ツグミ
   2.カワウ               15.オオバン             28.ウグイス
   3.ダイサギ             16.イソシギ             29.シジュウカラ
   4.コサギ               17.ユリカモメ           30.ホオジロ
   5.アオサギ             18.セグロカモメ         31.カシラダカ
   6.カルガモ             19.キジバト             32.アオジ
   7.コガモ               20.カワセミ             33.カワラヒワ
   8.オカヨシガモ         21.コゲラ               34.シメ
   9.ヒドリガモ           22.ハクセキレイ         35.スズメ
  10.キンクロハジロ       23.セグロセキレイ       36.ムクドリ
  11.カワアイサ           24.タヒバリ             37.オナガ
  12.トビ                 25.ヒヨドリ             38.ハシボソガラス
  13.オオタカ             26.モズ                 39.ハシブトガラス

【備  考】

◎今日の注目は大丸堰上でのカワアイサ♀1、ここでは私は初めて見た。
◎オオタカは成鳥と幼鳥各1、成鳥は長時間じっくり見られた。
◎カモは例年に比べると総数で3割減程度。種類が少ないのが気になる。
本来居るはずのマガモ、オナガガモ、ハシビロガモは見られなかった。
◎ミコアイサは一週間前くらいに前に来たそうだが、今日は見られなかった。

【雑  記】

◎二日連続の天気予報はずれで、暖かく過ごしやすい一日であった。

今日は友人からいただいた情報でムネアカタヒバリを見てきました。
西日本では比較的見られるようですが、東京方面ではかなり珍しいように思われます。
私も初めて見ました。

同定には多少不安もあったようですが、大方の意見では問題ないだろうということに落ち着いたようです。

下記の通りです。

東京都渋谷区 二子玉川緑地 

ムネアカタヒバリ1 幼鳥と思われる。

   タヒバリ、ヒバリ、ハクセキレイと一緒にいた。

         場所は東急線二子玉川駅より徒歩15分程。
         多摩川左岸、二子橋上流1キロ程度か。
         鳥を探すより御一行様を捜すのがベスト。

【県 名】 東京都
【市町村】 稲城市・多摩市
【場 所】 多摩川・大栗川合流点
【年月日】 2003年11月23日(日)
【時 刻】 11:30~15:40
【天 候】 晴
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】

  1. カイツブリ           13. バン                 25. ヒヨドリ
  2. カワウ               14. オオバン             26. モズ
  3. ダイサギ             15. イカルチドリ         27. ツグミ
  4. コサギ               16. イソシギ             28. シジュウカラ
  5. アオサギ             17. ユリカモメ           29. アオジ
  6. マガモ               18. セグロカモメ         30. カワラヒワ
  7. カルガモ             19. キジバト             31. スズメ
  8. コガモ               20. ヒメアマツバメ       32. ムクドリ
  9. キンクロハジロ       21. カワセミ             33. ハシボソガラス
 10. トビ                 22. ハクセキレイ         34. ハシブトガラス
 11. ハイタカ             23. セグロセキレイ
 12. チョウゲンボウ       24. タヒバリ
 
【備 考】

◎カモ類は種類・総数ともこんなに少ないのはちょっと記憶
にない。ヒドリガモがいないのには驚いた。
◎小鳥類は動きが少なく、残念であった。
◎猛禽類もハイタカが2度飛んだだけ。
◎先週16日に見られたマガンは17日昼前に飛び立ったよ
うだ。
●二子玉川でムネアカタヒバリを見てから、こちらに回って
きた。

【県  名】  東京都
【場  所】  多摩川・大栗川合流点  (稲城市・多摩市)
【年月日】  2003年11月16日(日)
【時  刻】  10:10-16:00
【天  候】  晴れ
【観察者】  摩周
【環  境】  河川中流
【観察種】 

   1.カイツブリ          13.キンクロハジロ        25.セグロセキレイ
   2.カワウ              14.トビ                  26.ヒヨドリ
   3.ダイサギ            15.オオタカ              27.モズ
   4.コサギ              16.ハヤブサ              28.ジョウビタキ
   5.アオサギ            17.チョウゲンボウ        29.ツグミ
   6.マガン              18.オオバン              30.シジュウカラ
   7.マガモ              19.イカルチドリ          31.カワラヒワ
   8.カルガモ            20.ユリカモメ            32.スズメ
   9.コガモ              21.キジバト              33.ムクドリ
  10.オカヨシガモ        22.ヒメアマツバメ        34.ハシボソガラス
  11.ヒドリガモ          23.カワセミ              35.ハシブトガラス
  12.ハシビロガモ        24.ハクセキレイ

【備  考】

◎今日の注目は何と言ってもマガン幼鳥1、大丸堰下の中州で見られた。
10時頃上流よりカワウの群と一緒に飛んできたようだ。
◎オオバン5(多い時は8羽居たらしい)はここで見るのは何年かぶり。
◎猛禽類はオオタカ幼鳥1、ハヤブサ2、チョウゲンボウ2。

【雑  記】

◎今の季節とは思えない程の暖かさで楽な探鳥が出来た。でも、ちょっと暑すぎか(^^)。

【県  名】  千葉県
【場  所】  谷津干潟  (習志野市)
【年月日】  2003年10月26日(日)
【時  刻】  10:30-16:30
【天  候】  晴れ
【観察者】  摩周
【環  境】  干潟
【観察種】 

   1.カワウ             12.シロチドリ   (36)   23.オオソリハシシギ  (4)
   2.ダイサギ           13.メダイチドリ  (6)   24.セイタカシギ      (8)
   3.コサギ             14.ダイゼン     (70)   25.ウミネコ
   4.アオサギ           15.トウネン      (2)   26.キジバト
   5.カルガモ           16.ハマシギ    (480)   27.ハクセキレイ
   6.コガモ             17.コオバシギ    (2)   28.ヒヨドリ
   7.ヒドリガモ         18.オバシギ      (5)   29.モズ
   8.オナガガモ         19.ミユビシギ    (1)   30.スズメ
   9.ハシビロガモ       20.アオアシシギ  (2)   31.オナガ
  10.オオタカ           21.イソシギ      (1)
  11.チョウゲンボウ     22.オグロシギ    (1)

※  種類名のあとの数字は個体数

【備  考】

◎ハマシギの数が急に多くなった。
◎トウネンは探すのに苦労した。
◎オオタカ幼鳥1が淡水池で長時間見られた。
◎カモ類は2週間ほど前まで殆ど♀とエクリプスであったが、特にオナガガモは♂とはっきり分かるのが結構居た。

【雑  記】

◎ここで越冬するハマシギとダイゼンを除けばシギチは殆ど居ないかと思っていたが、案外居て楽しめた。

【県 名】 東京都
【市町村】 葛飾区
【場 所】 水元公園
【年月日】 2003年10月19日(日)
【時 刻】 10:50~15:30
【天 候】 晴
【観察者】 FSHIZEN 秋色の水元公園オフ参加者
【環 境】 都市公園
【観察種】
  1. カイツブリ           11. オオタカ             21. キビタキ
  2. カワウ               12. ユリカモメ           22. エゾビタキ
  3. ゴイサギ             13. キジバト             23. コサメビタキ
  4. ダイサギ             14. ツツドリ             24. シジュウカラ
  5. コサギ               15. ヒメアマツバメ       25. オオジュリン
  6. アオサギ             16. カワセミ             26. スズメ
  7. マガモ               17. コゲラ               27. ムクドリ
  8. カルガモ             18. ハクセキレイ         28. カケス
  9. コガモ               19. ヒヨドリ             29. ハシボソガラス
 10. ヒドリガモ           20. モズ                 30. ハシブトガラス

【備考】
◎カモは少なかった。殆どがヒドリガモで、他にカルガモが数羽、マガモ2、コガモ1。
◎渡りの途中に寄った小鳥類が確認出来た。

【雑記】
◎暖かい日でノンビリ楽しく探鳥出来た。
◎昨年も居たようだが、オオタカ2羽を飼っている人に会えた。1羽は昨年生まれ、もう1羽は今年生まれとのことであった。もう30年飼っているとの話しであったが、私はその辺の事情は聞かなかった。
●鳥合わせをしなかったので、参加者のコメントと当日の皆さんからの情報で私が取りまとめました。洩れているのがあると思いますので、その際はコメントで追加して下さい。

探鳥会後
東京駅の大丸デパートで行われている「ワイルドライフ写真展」見に行き、その後はお決まりの(^^)三次会を八重洲地下街で行い、楽しい一時を持った。

【県  名】  東京都
【場  所】  多摩川・大栗川合流点  (稲城市・多摩市)
【年月日】  2003年10月13日(月)
【時  刻】  09:30-12:30
【天  候】  曇りのち雨
【観察者】  摩周
【環  境】  河川中流
【観察種】 

   1.カイツブリ         10.ヒドリガモ             19.セグロセキレイ
   2.カワウ             11.オオタカ               20.ヒヨドリ
   3.ダイサギ           12.チョウゲンボウ         21.モズ
   4.チュウサギ         13.イソシギ               22.スズメ
   5.コサギ             14.キジバト               23.ムクドリ
   6.アオサギ           15.ヒメアマツバメ         24.オナガ
   7.オシドリ           16.カワセミ               25.ハシボソガラス
   8.カルガモ           17.コゲラ                 26.ハシブトガラス
   9.コガモ             18.ハクセキレイ

★コース:多摩川右岸を是政橋から多摩市立交通公園まで

【備  考】

◎カモはもう少し居ると思ったが、コガモ80程度で、他はヒドリガモ2、
注目はオシドリ♂1(7割方エクリプス終わりの感じ)。
◎オオタカは成鳥1と幼鳥1。
◎12時少し前、交通公園崖上で異常な程にカラスが騒ぎ出し、何があったのだろうと注目していたところ、オオタカの幼鳥(体が大きく見えたのでおそらく♀)が飛び出できて、なんと良く見ると仕留めたカラスをぶら下げていたのには驚いた。仲間4人の話ではこの幼鳥は必ずや立派な成鳥になるだろうという意見で一致した(^^)。カラスを仕留められれば、餌には苦労しないであろう。ただ、カラスを食べたことがある人から聞いた話では、味に癖があり、硬くて美味くなかったそうだ。写真ではカラスを食べているオオタカを見たことがあるが、実際このようなシーン見たのは初めてであった。

【雑  記】

◎このところ見られているアリスイは雨のせいもあり?確認出来なかった。
◎大丸堰を過ぎ、河原を歩き始めた頃から天候がおかしくなり、雨が降り始める前に交通公園に到着しようと思ったので、河原での観測は殆ど出来なかった。交通公園に着くなり本降りになってしまい、まともに観察は出来なかった。止みそうもないので早めに切り上げた。

【県  名】  東京都
【場  所】  葛西臨海公園  (江戸川区)
【年月日】  2003年10月12日(日)
【時  刻】  13:50-16:20
【天  候】  曇り
【観察者】  摩周
【環  境】  都市公園
【観察種】 

   1.カイツブリ            12.クイナ                23.ウミネコ
   2.カワウ                13.バン                  24.キジバト
   3.ダイサギ              14.オオバン              25.ハクセキレイ
   4.コサギ                15.オオハシシギ          26.ヒヨドリ
   5.アオサギ              16.アオアシシギ          27.モズ
   6.クロツラヘラサギ      17.ホウロクシギ          28.スズメ
   7.カルガモ              18.タシギ                29.ムクドリ
   8.コガモ                19.セイタカシギ          30.オナガ
   9.ヒドリガモ            20.ユリカモメ            31.ハシボソガラス
  10.オナガガモ            21.セグロカモメ
  11.スズガモ              22.オオセグロカモメ

【備  考】

◎クロツラヘラサギ2羽は汽水池の棒の上で寝ていることが多かった。
◎距離はあったがクイナ1をじっくり見られた。
◎カモ類はもっと居ると思ったが、少なかった。

【雑  記】

◎時間の都合で渚からの観察はしなかった。
◎聞く所によるとクロツラヘラサギを撮るために平日を含め多くのカメラマン
が押しかけ、中には朝暗い内に来て場所取りをする人たちがいたそうだ。
テレビ局からの取材申込みも何社かあったそうだが、それを見てこれ以上の人が
来ると混乱するとの話から、取材を断ったようだ。

【県  名】  千葉県
【場  所】  谷津干潟  (習志野市)
【年月日】  2003年10月11日(土)
【時  刻】  09:30-16:30
【天  候】  晴れ
【観察者】  摩周
【環  境】  干潟
【観察種】 

   1.カワウ           13.シロチドリ       (15)   25.ダイシャクシギ  (3)
   2.ダイサギ         14.メダイチドリ     (30)   26.セイタカシギ    (7)
   3.コサギ           15.ダイゼン         (25)   27.ウミネコ
   4.アオサギ         16.トウネン         (80)   28.キジバト
   5.カルガモ         17.ハマシギ          (5)   29.カワセミ
   6.コガモ           18.コオバシギ        (2)   30.ハクセキレイ
   7.ヒドリガモ       19.オバシギ         (13)   31.ヒヨドリ
   8.オナガガモ       20.アオアシシギ      (2)   32.スズメ
   9.ハシビロガモ     21.キアシシギ        (1)   33.ムクドリ
  10.ハヤブサ         22.ソリハシシギ      (8)   34.オナガ
  11.バン             23.オグロシギ       (13)
  12.コチドリ   (1)   24.オオソリハシシギ  (9)

※  種類名のあとの数字は個体数

【備  考】

◎コオバシギ2が注目。
◎このところシロチドリが少なく、全く見ない日もあったが、今日は大変多くホッとした。
◎14時半頃ハヤブサが飛び回り、多くが出てしまった。トウネンは早く戻ってきたが、多くは戻らずじまい。

谷津と関係ない話し
●葛西臨海公園にクロツラヘラサギ2羽がいるが、遂に汽水池に入ってくるようになったため、カメラマンが集中し、かなりの騒ぎ(トラブル?)になっているそうだ。明日の午後、鳥よりもそれを見に行ってみようかと(^^ゞ。

Copyright © 『2004年5月以前の「摩周」の野鳥日記 』 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]