忍者ブログ
この度(2008年5月)、1999年12月から2004年5月までのフィールドノートを遡って載せるためにこのブログを作りました。2004年6月から現在までのフィールドノート『「摩周」の野鳥日記』はこちらです。 http://yamasemi.cocolog-nifty.com/blog/
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
摩周
性別:
男性
趣味:
野鳥を見ること・旅
自己紹介:
東京在住の中壮年(?)♂。野鳥を見始めたのは1994年から。
このブログは1999年から2004年5月までのフィールドノートを載せています。それ以降は、『「摩周」の野鳥日記』http://yamasemi.cocolog-nifty.com/blog/に載せています。
ブログ内検索
カウンター
忍者ポイント広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【県  名】  千葉県
【場  所】  谷津干潟  (習志野市)
【年月日】  2002年10月06日(日)
【時  刻】  13:30-16:30
【天  候】  曇り
【観察者】  摩周
【環  境】  干潟
【観察種】

   1.カイツブリ      11.オナガガモ              21.ダイシャクシギ   (3)
   2.カワウ          12.ハシビロガモ            22.チュウシャクシギ (2)
   3.ダイサギ        13.スズガモ                23.セイタカシギ    (10)
   4.チュウサギ      14.ムナグロ         (17)   24.ウミネコ
   5.コサギ          15.ダイゼン         (10)   25.キジバト
   6.アオサギ        16.トウネン        (200)   26.ハクセキレイ
   7.カルガモ        17.ハマシギ         (40)   27.ヒヨドリ
   8.コガモ          18.キリアイ          (2)   28.スズメ
   9.オカヨシガモ    19.オグロシギ        (1)   29.ムクドリ
  10.ヒドリガモ      20.オオソリハシシギ (30)   30.オナガ

※  種類名のあとの数字は個体数(概数)

【備  考】

◎9/8に初認され、9/22に再確認されたヘラシギは以降、観察センターで昨日
 まで連続(休館日を除く)記録されていたが、今日は確認できなかった。三
 番瀬からの情報もなかった。これだけ長期に見られていても、やはり圧倒的
 な人気者で多くの人が待ちかまえていた。
◎ムナグロはここでは見られても1~2羽であったが、今日は何と17羽(す
 べて幼鳥)も居た。ここで最大数羽を見たことがあったが、こんなに居たの
 は初めて。しかし、1時間程度で居なくなった。
◎ヘラシギを待ちかまえていた多くの人がヨーロッパトウネン1を確認できた
 ようだが、私は見られなかった。

【雑  記】

◎さすが10月に入るとシギチは終わりという感じであった。その替わりカモ
 類が急激に増えてきた。特にコガモとオナガガモが多く、その他は数羽以 
 下。

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright © 『2004年5月以前の「摩周」の野鳥日記 』 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]