忍者ブログ
この度(2008年5月)、1999年12月から2004年5月までのフィールドノートを遡って載せるためにこのブログを作りました。2004年6月から現在までのフィールドノート『「摩周」の野鳥日記』はこちらです。 http://yamasemi.cocolog-nifty.com/blog/
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
摩周
性別:
男性
趣味:
野鳥を見ること・旅
自己紹介:
東京在住の中壮年(?)♂。野鳥を見始めたのは1994年から。
このブログは1999年から2004年5月までのフィールドノートを載せています。それ以降は、『「摩周」の野鳥日記』http://yamasemi.cocolog-nifty.com/blog/に載せています。
ブログ内検索
カウンター
忍者ポイント広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【県  名】  東京都
【場  所】  多摩川・大栗川合流点  (稲城市・多摩市)
【年月日】  2001年11月17日(土)
【時  刻】  09:30-15:30
【天  候】  晴れ
【観察者】  摩周
【環  境】  河川中流
【観察種】

   1.カイツブリ       (2)   13.オオタカ        (1)   25.モズ          (5)
   2.カワウ                 14.コジュケイ            26.ジョウビタキ  (2)
   3.ダイサギ               15.イカルチドリ    (4)   27.ツグミ       (10)
   4.コサギ                 16.イソシギ        (3)   28.シジュウカラ  (2)
   5.アオサギ               17.ユリカモメ            29.ホオジロ      (1)
   6.マガモ           (2)   18.キジバト              30.アオジ        (3)
   7.カルガモ         (2)   19.カワセミ        (2)   31.カワラヒワ
   8.コガモ          (52)   20.キセキレイ      (2)   32.シメ          (4)
   9.ヒドリガモ      (25)   21.ハクセキレイ    (8)   33.スズメ
  10.オナガガモ       (9)   22.セグロセキレイ  (2)   34.ハシボソガラス
  11.キンクロハジロ  (15)   23.タヒバリ        (4)   35.ハシブトガラス
  12.トビ             (2)   24.ヒヨドリ

※  種類名のあとの数字は個体数(概数)

【備  考】

◎カモ類は種類・総数とも少なかった。
◎猛禽類もオオタカ成鳥が2~3回姿を見せてくれたが、寂しかった。

【雑  記】

◎例年に比べると今年の冬鳥は早く多いようだ。シメ、ツグミ等簡単に見られ
 た。ここで通常見られる冬鳥で私が見ていないのはカシラダカくらいか。
 ミコアイサが待たれる。

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright © 『2004年5月以前の「摩周」の野鳥日記 』 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]